1000文字尿素回路の働きを促進するのに足りていない成分は何で補っている?

MENU

アスパラギン酸が不足している

 

尿素回路を正しく代謝させるには、食事やサプリメントから充分な量のアスパラギン酸を摂取する必要があります。

 

シトルリンやオルニチンはミトコンドリアや細胞内基質で生合成、再利用できるのですが、アスパラギン酸という必須アミノ酸は体外から補給しないと尿素回路をきちんと回せなくなります。

 

アスパラギン酸がなくても部分的に平衡を保っている反応経路については代謝が進むと考えられますが、それだけでは尿素回路の働きは不十分で、反応していない物質により、必ずどこかに悪影響が出ます。

 

このアスパラギン酸を補うことはベガリアにできているのか明確ではないですが、おそらく、馬睾丸、マカ、トンカットアリ、アカガウクルアなどの天然成分に多少なり含まれていると考えられます。

鶏卵と納豆で十分補える

このアスパラギン酸は収入の低い世帯でもそこそこ摂取できる栄養素で、そこまで不足することはありません。しかし、食生活が乱れている方、コンビニ弁当など既製品のものばかりを食べていると、栄養分のコントロールが難しい上に、生卵を食べる機会は極端に減るため栄養不足に陥る可能性があります。

 

たまごの栄養については特に、生卵のタンパク質を摂取した方が、その後の反応のは場が広がり、体内に吸収される時に体が欲している状態までタンパク質を分解して、必要な場所に栄養を届けられます。

 

しかし、アミノ酸の状態で摂取するとそのアミノ酸としてしか使えないため、BCAAだけ摂取していても本来体に必要なアスパラギン酸は補給できません。こうした柔軟で、臨機応変な代謝ができるのはやはり食材から栄養を補給した時で、サプリメントが絶対に優れているとはいえません。

 

もちろん、食事から補給する場合は代謝に時間がかかるので、1ヶ月や2カ月という期間、毎日少しずつ食べるという習慣が必要になります。

習慣づけが最も大切

ベガリアでアミノ酸を幅広く摂取する場合も、食材から栄養補給する場合も習慣づけて継続することでようやく体に必要な成分が補給されるようになります。

 

完全な状態まで補給するにはどうしても時間がかかるので、計画的に食生活を改善して、ベガリアを摂取しないといけません。

 

人間の体は栄養補給が常に行われていれば、代謝もスムーズに行い成分の交換などもしますが、飢餓状態が続いているとそう簡単には体内の栄養を体の外に出さず、再利用でなんとか生き延びようとするため、尿素回路の働きを正常に戻すのにも一定期間、一定量の栄養補給を続ける必要があります。

 

習慣づけて食事とベガリア摂取をするようにしましょう。

アスパラギン酸とは

ちなみに、アスパラギン酸とはどんな成分でしょうか。アスパラギン酸はアミノ酸の一種で、アスパラガスに多く含まれています。しかし、名前の由来はアスパラガスとは関係なく、アスパラギンの加水分解物から抽出されたことから、この名前がつきました。

 

ところで、アスパラギン酸にはL体とD体の2種類があります。この中でL体は非必須アミノ酸で、食物のうま味成分としても知られています。

 

また、疲労回復・強壮に即効性があることから、栄養ドリンクにも含まれることが多い成分です。

アスパラギン酸の効能

アスパラギン酸には、疲労回復効果があります。アスパラギン酸にはクエン酸回路の働きを促進し、疲労の原因となる乳酸の分解を助ける作用があります。

 

※クエン酸回路とは、人体を構成する60兆個のすべての細胞に存在する回路で、脂肪や乳酸を分解して生きるために必要なエネルギーを生み出すシステムのことです。

 

さらに、アスパラギン酸にはグリコーゲンの生成を促進する作用があり、疲労回復した体をさらにスタミナアップさせる効果があります。また、アスパラギン酸には体液のバランスを整える働きもあります。

 

体液のバランスが崩れると、細胞内で余分なエネルギーが消耗されてしまい、体調不良を招きやすくなります。そして、アスパラギン酸のもっとも重要な働きが、アンモニアの解毒作用です。

 

アスパラギン酸には尿の合成を促進させる作用があるので、体内にたまった有毒なアンモニアを分解し尿にして排出する働きがあります。

尿素回路とアスパラギン酸

アスパラギン酸は、尿素回路において重要な役割を担う成分です。尿素回路は、人体の生命活動の結果生じた有害なアンモニアを、肝臓の細胞内で無害な尿素に変換します。

 

この尿素回路が正常に機能しないと、有害なアンモニアが体外に排出されず、肝機能の低下を招いて最悪の場合死に至ることもあります。アンモニアが分解されずに蓄積すると、全身疲労、肌荒れ、睡眠障害などの体調不良が現れるようになります。

 

尿素回路では、オルニチンが中心となってアンモニアの解毒作用を行っていますが、その裏でアスパラギン酸も大事な役目を果たしているわけです。

 

このように重要な働きをするアスパラギン酸は、アスパラガスや大豆もやし、サトウキビや肉類などに多く含まれています。特に意識しなくても日常の食生活で自然に摂取できる成分ですから、不足して体調不良に陥る心配はまずないでしょう。

関連ページ

ベガリアに漢方成分が含まれているのはなぜか
ベガリアには世間的にもよく知られているすっぽん、マムシ、高麗人参などが含まれています。これらは精力剤というよりは滋養強壮を目的として含まれているもので、精力増強よりは基礎代謝の向上、肝臓機能の向上、スタミナアップなどを重視しています。
ペニス増大に貢献したベガリアの成分は何か
個人的には、一番効果を発揮してくれたのはアカガウクルアやトンカットアリだろうと考えています。シトルリンやアルギニンは生化学的に代謝に絶対に必要なものでしかなく、今までの私自身の不摂生で不足した状態になっていたはずです。
ベガリアでアレルギーを起こしそうな成分はある?
一般的にサプリメントのカプセルは、ゼラチンなどが使用されており、元々の成分が卵白などであるため、卵アレルギーの方はアレルギーを起こす可能性があります。
ベガリアで摂取できるシトルリン量は1粒あたりどれくらい?
ベガリアで精力増強できた私の感覚だと、おそらくベガリアのカプセル1粒にはシトルリンが150mg以上は含まれていると考えられます。公表されていないので事実かどうかは確かめられませんが、これまで他の精力剤も飲んでみた感じだと、1日の摂取量800mgになるような精力剤と似た効果があるように感じました。
ベガリアの成分量はどうすればわかる?
ベガリアのカプセルの大きさから、カプセル1粒あたりに入れられる量が大体わかります。ベガリアの場合は300mgから400mgは入れられるはずなのでシトルリンが1粒あたり200mg配合したとしても残り100mgから200mgはアルギニンやトンカットアリ、アカガウクルアなどを含ませられます。原材料名を見るとその成分比率は大体わかります。
ベガリアの飲用体験からシトルリン含有量を逆算予測してみた
愛用しているベガリアの成分量はなぜか公開されていないため、個人的な体験談からシトルリンの含有量をより厳密に計算してみることにしました。まず、もっとも重要な情報として、ベガリアに含まれる原材料名一覧は以下の通りです。
ベガリアを飲み続けてみてわかった安全な摂取量
私がベガリアを飲んでみて、どの程度の量まではまとめて飲んでも問題がなかったかを人柱として試した経験があるので、ここにメモ程度に残して共有しておきます。
ベガリアを飲んでアルギニンのだいたいの含有量が判明したかも!?
アルギニンは精力増強に欠かせないアミノ酸の一つで、ホルモンバランスの安定化に特に役立ってくれるといわれています。亜鉛だけ摂取していても意味はなく、男性ホルモンが減ってしまっている方にはアルギニンなどの補給も欠かせません。
ベガリアを何日サボると効果がなくなる?
ベガリアのような精力剤は、分類としてはサプリメントなので継続して摂取することで、健康面の後押しをしたり、不足する栄養素を補ったりできます。毎日摂取しても、数日摂取しないでサボってもすぐにその変化が出るようなわけではないですが、精力増強を目的にする場合には生活を根本的に変えない限りサプリメントは飲み続けないと効果は薄れてしまう可能性があります。
ベガリアの主力成分「L-シトルリン」の効果とは?
サプリメントや精力剤を飲む時は、その含まれる成分を意識しておくことは非常に重要です。ここでは、ベガリアの主力成分「L-シトルリン」の効果について見ていきましょう。