ベガリアを何日サボると効果がなくなる?

MENU

ベガリアは飲み忘れても大丈夫?

 

ベガリアのような精力剤は、分類としてはサプリメントなので継続して摂取することで、健康面の後押しをしたり、不足する栄養素を補ったりできます。

 

毎日摂取しても、数日摂取しないでサボってもすぐにその変化が出るようなわけではないですが、精力増強を目的にする場合には生活を根本的に変えない限りサプリメントは飲み続けないと効果は薄れてしまう可能性があります。

 

生活面を何も変えずに、サプリメントを飲んで体調に変化があった場合は、ベガリアを飲んで起きた変化だと考えられるので、ベガリアを飲むのをやめれば再び疲労感や冷え性、精力減退などが起きる可能性が高いです。

 

飲み忘れたからといって健康上のリスクが劇的に大きくなることはありませんが、飲み続けていたほうが効果は感じやすくなります。

 

体調の変化についても常に十分な栄養成分があるとなればシトルリンやオルニチンなどの関係する尿素回路の働きも盛んになる可能性はあり、代謝が安定してくるかもしれません。

 

飲み忘れても害はないですが、メリットが減るだけですのでできるだけ飲み続けることをおすすめします。

 

また、精力減退の要因となっている生活習慣、ストレスの多すぎる仕事や生活は早めに切り捨てて、健康面やパートナーとの時間にとって良い生活をできるように幅広い視点で暮らしを改善していくのも大切です。

 

実体験では1週間サボるとダメ

仕事が連続で忙しかった時にベガリアを飲めない時が1週間ほど続きました。その時はベガリアを飲む前に感じていた疲労感や冷え性が再発して、苦しくはありませんでしたがやはりベガリアを飲んでいることによる変化があったのだという実感はありました。

 

2日、3日サボるくらいではそこまで復帰に時間はかからず、ベガリアを飲めばすぐにまた体がポカポカするという感覚になりましたが、1週間サボったときには体のポカポカを感じるのに3日程かかりました。

 

栄養が不足してしまった可能性もありますが、飲んでいないと効果が薄れてしまうというのは、まだ私自身の生活がきちんと改善できていない証でもあります。

 

特にサボっても健康上問題はありませんでしたが、それまで飲んでいて実感できていた勃起力や射精量の増加は1週間のサボりでまた衰えた状態になってしまいました。やはりあのときのベガリアを飲み続けて感じられたドクドク射精する感覚は忘れられないので、ベガリア摂取を始めるきっかけとしては十分です。

 

ただ、個人的に気になるのがベガリアを飲んでいる時に発生する口臭や体臭がイヤで、臭いの強い栄養もあるものを摂取しているので仕方はないのですが、体臭の悪化は自分でも嫌だと感じるのでなんとかしたいです。

 

タンパク質の摂取で起こる体臭変化だと感じたので、水分補給や玉ねぎ、貝類の摂取で少しはましになるようで、食生活の改善の大切さも実感できました。

効果を高める食事は?

ベガリアなどの精力剤では、尿素回路の働きを高めるというのが主な作用機序でこの反応を効率的にするために最も欠かせないものはアスパラギン酸というアミノ酸です。

 

これは卵黄、鶏卵、魚卵にも含まれており、納豆や良質な豆腐、味噌でも補給することができます。

 

そのため、ベガリアを摂取するときには、毎日鶏卵、納豆、味噌汁を含んだ食事をするのがおすすめです。これらはコスパも良い食材で、毎日摂取してもそれほどコストは掛かりません。

 

キャベツやもやしなどで食物繊維を補給すればベガリアにお金をかけている分節約しながら栄養価はそこそこ維持した食事も出来ます。

 

体臭予防に効果があったと感じられたのはネギ、玉ねぎ、オクラでした。納豆を食べる時にネギやオクラを入れて食べるようにし、味噌汁にもネギを入れていました。

 

そうするとネジに含まれる毒素分解を助けてくれる成分の働きで、タンパク質やアミノ酸の代謝で大量に発生するアンモニアの分解がスムーズに行われているような気がしました。

 

その証拠に、それらを摂取しているとトイレの回数が多くなるため、それだけアンモニアが尿素に変換されて排泄できるようになっているということでしょう。食事をしっかり変えれば悩みは多少減らせるので、それぞれの食性に合わせて工夫してみると良いでしょう。

効果を下げる食事は?

ベガリアを飲んでいても、アルコール摂取、喫煙、ポテチやカップ麺メインの生活、偏った食事をしているとそのベガリアの効果は薄れます。カップ麺を食べて1日過ごした時は、ベガリアを飲んでいてもいまいち射精量は増えなかった気がします。

 

特に参考になるのはAV男優の方々の食生活で、添加物の多い食事やカップ麺を食べないようにすること、アルコールを飲まないようにするなど精力増強に非常に役立つ工夫をしています。

 

効果を下げてしまうお酒や血流促進にマイナスに働くようなものは摂取を控えて、相当健康オタクだと自慢できるくらいに食事を工夫すると良いでしょう。

関連ページ

ベガリアに漢方成分が含まれているのはなぜか
ベガリアには世間的にもよく知られているすっぽん、マムシ、高麗人参などが含まれています。これらは精力剤というよりは滋養強壮を目的として含まれているもので、精力増強よりは基礎代謝の向上、肝臓機能の向上、スタミナアップなどを重視しています。
ペニス増大に貢献したベガリアの成分は何か
個人的には、一番効果を発揮してくれたのはアカガウクルアやトンカットアリだろうと考えています。シトルリンやアルギニンは生化学的に代謝に絶対に必要なものでしかなく、今までの私自身の不摂生で不足した状態になっていたはずです。
尿素回路の働きを促進するのに足りていない成分は何で補っている?
尿素回路を正しく代謝させるには、食事やサプリメントから充分な量のアスパラギン酸を摂取する必要があります。シトルリンやオルニチンはミトコンドリアや細胞内基質で生合成、再利用できるのですが、アスパラギン酸という必須アミノ酸は体外から補給しないと尿素回路をきちんと回せなくなります。
ベガリアでアレルギーを起こしそうな成分はある?
一般的にサプリメントのカプセルは、ゼラチンなどが使用されており、元々の成分が卵白などであるため、卵アレルギーの方はアレルギーを起こす可能性があります。
ベガリアで摂取できるシトルリン量は1粒あたりどれくらい?
ベガリアで精力増強できた私の感覚だと、おそらくベガリアのカプセル1粒にはシトルリンが150mg以上は含まれていると考えられます。公表されていないので事実かどうかは確かめられませんが、これまで他の精力剤も飲んでみた感じだと、1日の摂取量800mgになるような精力剤と似た効果があるように感じました。
ベガリアの成分量はどうすればわかる?
ベガリアのカプセルの大きさから、カプセル1粒あたりに入れられる量が大体わかります。ベガリアの場合は300mgから400mgは入れられるはずなのでシトルリンが1粒あたり200mg配合したとしても残り100mgから200mgはアルギニンやトンカットアリ、アカガウクルアなどを含ませられます。原材料名を見るとその成分比率は大体わかります。
ベガリアの飲用体験からシトルリン含有量を逆算予測してみた
愛用しているベガリアの成分量はなぜか公開されていないため、個人的な体験談からシトルリンの含有量をより厳密に計算してみることにしました。まず、もっとも重要な情報として、ベガリアに含まれる原材料名一覧は以下の通りです。
ベガリアを飲み続けてみてわかった安全な摂取量
私がベガリアを飲んでみて、どの程度の量まではまとめて飲んでも問題がなかったかを人柱として試した経験があるので、ここにメモ程度に残して共有しておきます。
ベガリアを飲んでアルギニンのだいたいの含有量が判明したかも!?
アルギニンは精力増強に欠かせないアミノ酸の一つで、ホルモンバランスの安定化に特に役立ってくれるといわれています。亜鉛だけ摂取していても意味はなく、男性ホルモンが減ってしまっている方にはアルギニンなどの補給も欠かせません。
ベガリアの主力成分「L-シトルリン」の効果とは?
サプリメントや精力剤を飲む時は、その含まれる成分を意識しておくことは非常に重要です。ここでは、ベガリアの主力成分「L-シトルリン」の効果について見ていきましょう。