ベガリアの飲用体験からシトルリン含有量を逆算予測してみた

MENU

シトルリン含有量を研究した

 

愛用しているベガリアの成分量はなぜか公開されていないため、個人的な体験談からシトルリンの含有量をより厳密に計算してみることにしました。

 

まず、もっとも重要な情報として、ベガリアに含まれる原材料名一覧は以下の通りです。

 

これらの成分は、含有量の多い順に並べられており、「加工品表における原材料名の表示方法」に基づくルールを以下に引用して合わせて記載しておきます。

 

このルールの中でポイントになると思われるのは「複合原材料の製品の原材料に占める重量の割合が5%未満のとき又は複合原材料の名称からその原材料が明らかなときは、当該複合原材料の原材料の記載を省略することができる」という部分です。

 

また、公式販売ページには「1箱あたり:47.64g/120粒(397mg×10粒×12シート)」と記載されていることも参考にします。

 

引用:
第4条(2)使用した原材料を、ア及びイの区分により、次に定めるところにより記載すること。

 

ア  食品添加物以外の原材料は、原材料に占める重量の割合の多いものから順に、その最も一般的な名称をもって記載すること。

 

ただし、2種類以上の原材料からなる原材料(以下「複合原材料」という。)については、当該複合原材料の原材料の名称の次に括弧を付して、当該複合原材料の原材料を当該複合原材料の原材料に占める重量の割合の多いものから順に、その最も一般的な名称をもって記載すること。

 

この場合において、複合原材料の製品の原材料に占める重量の割合が5%未満のとき又は複合原材料の名称からその原材料が明らかなときは、当該複合原材料の原材料の記載を省略することができる。

 

イ  食品添加物は、原材料に占める重量の割合の多いものから順に、食品衛生法施行規則(昭和23年厚生省令第23号)第21条第1項第1号ホ及び第2号、第11項並びに第12項の規定に従い記載すること。

 

原材料名表示ルール:http://www.mhlw.go.jp/shingi/2004/09/s0929-7a.html

 

L-シトルリン、アカガウクルア末、L-オルニチン硫酸塩、トンカットアリエキス、マカエキス末(マカ抽出物、デキストリン)、亜鉛含有酵母、ガラナ末、金時ショウガ末、ニンニクエキス末、イチョウ葉エキス末、ムイラプアマ(地上部)エキス末、馬睾丸エキス末、すっぽん粉末、マムシ粉末、冬虫夏草菌糸体末、カンカニクジュヨウエキス、α-リポ酸、高麗ニンジンエキス末、クマザサ末、アリ末、サソリ末、蜂の子末、馬心筋エキス末、牡蠣肉エキス、パフィアエキス末、豚プラセンタエキス末(豚肉を含む)、プラセンタエキス末(ウマ)、デキストリン、ヒハツ抽出物 / ゼラチン、L-アルギニン、トレハロース、ステアリン酸カルシウム、微粒酸化ケイ素、ビタミンC、ビタミンE、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB1、セルロース、ベタイン、香辛料抽出物、ビタミンB12、葉酸

実際に計算してみた

カプセル1粒あたりの重さは397mgであり、このうちの5%未満の重量となる成分は法的に記載しなくても良いため、原材料名で一番最後に書かれている「葉酸」含有量のおおよその量を把握できます。

 

単純計算の葉酸含有量予測
397mg×0.05=19.85mg

 

ただし、葉酸の1日の推奨摂取量が240マイクログラム(0.24mg)なため、19mgも含まれていることは考えにくく、葉酸の含有量は実際には0.24mg程度あるだろうとして計算します。

 

ベガリアの原材料名に記載されているの44種類の成分で、このうちシトルリンが1粒あたり200mg入っていると考えた場合、残りの重量を他の成分で分散することになります。

 

397mg-200mg=197mg

等差数列的に考えてみる

初項の数値を葉酸0.24mgで当てはめて、総和Snを197mgとし、項数をシトルリンを省いた残り43種類で考えると、以下の等差数列の公式からアカガウクルアの含有量を予測できます。

 

総和Sn=n(a+l)/2

 

197mg=43(0.24+アカガウクルアの重量)÷2

 

アカガウクルアの重量=約8.9mg

 

こうして考えてみるとシトルリンが200mg含まれていると仮定すると、アカガウクルアやそれ以外の成分の含有量はある程度予測できます。

 

これを元にすると亜鉛の含有量はアカガウクルアの8.9mgよりは少ないと考えられるため、亜鉛サプリメントを飲むときの参考として考えられるでしょう。亜鉛の含有量はせいぜい6mgから7mgを考えられるので、牡蠣を5つ食べたくらいならばベガリアを飲んでも体調に大きな変化は出ないでしょう。

 

ここまで計算してみても、シトルリンの含有量は公開されていないのでなんとも言えませんが、1日4粒でシトルリン800mgの摂取が可能なくらいは含まれていると信じたいものです。

関連ページ

ベガリアに漢方成分が含まれているのはなぜか
ベガリアには世間的にもよく知られているすっぽん、マムシ、高麗人参などが含まれています。これらは精力剤というよりは滋養強壮を目的として含まれているもので、精力増強よりは基礎代謝の向上、肝臓機能の向上、スタミナアップなどを重視しています。
ペニス増大に貢献したベガリアの成分は何か
個人的には、一番効果を発揮してくれたのはアカガウクルアやトンカットアリだろうと考えています。シトルリンやアルギニンは生化学的に代謝に絶対に必要なものでしかなく、今までの私自身の不摂生で不足した状態になっていたはずです。
尿素回路の働きを促進するのに足りていない成分は何で補っている?
尿素回路を正しく代謝させるには、食事やサプリメントから充分な量のアスパラギン酸を摂取する必要があります。シトルリンやオルニチンはミトコンドリアや細胞内基質で生合成、再利用できるのですが、アスパラギン酸という必須アミノ酸は体外から補給しないと尿素回路をきちんと回せなくなります。
ベガリアでアレルギーを起こしそうな成分はある?
一般的にサプリメントのカプセルは、ゼラチンなどが使用されており、元々の成分が卵白などであるため、卵アレルギーの方はアレルギーを起こす可能性があります。
ベガリアで摂取できるシトルリン量は1粒あたりどれくらい?
ベガリアで精力増強できた私の感覚だと、おそらくベガリアのカプセル1粒にはシトルリンが150mg以上は含まれていると考えられます。公表されていないので事実かどうかは確かめられませんが、これまで他の精力剤も飲んでみた感じだと、1日の摂取量800mgになるような精力剤と似た効果があるように感じました。
ベガリアの成分量はどうすればわかる?
ベガリアのカプセルの大きさから、カプセル1粒あたりに入れられる量が大体わかります。ベガリアの場合は300mgから400mgは入れられるはずなのでシトルリンが1粒あたり200mg配合したとしても残り100mgから200mgはアルギニンやトンカットアリ、アカガウクルアなどを含ませられます。原材料名を見るとその成分比率は大体わかります。
ベガリアを飲み続けてみてわかった安全な摂取量
私がベガリアを飲んでみて、どの程度の量まではまとめて飲んでも問題がなかったかを人柱として試した経験があるので、ここにメモ程度に残して共有しておきます。
ベガリアを飲んでアルギニンのだいたいの含有量が判明したかも!?
アルギニンは精力増強に欠かせないアミノ酸の一つで、ホルモンバランスの安定化に特に役立ってくれるといわれています。亜鉛だけ摂取していても意味はなく、男性ホルモンが減ってしまっている方にはアルギニンなどの補給も欠かせません。
ベガリアを何日サボると効果がなくなる?
ベガリアのような精力剤は、分類としてはサプリメントなので継続して摂取することで、健康面の後押しをしたり、不足する栄養素を補ったりできます。毎日摂取しても、数日摂取しないでサボってもすぐにその変化が出るようなわけではないですが、精力増強を目的にする場合には生活を根本的に変えない限りサプリメントは飲み続けないと効果は薄れてしまう可能性があります。
ベガリアの主力成分「L-シトルリン」の効果とは?
サプリメントや精力剤を飲む時は、その含まれる成分を意識しておくことは非常に重要です。ここでは、ベガリアの主力成分「L-シトルリン」の効果について見ていきましょう。