ベガリア内容分析

MENU

ベガリア内容分析記事一覧

ベガリアの漢方成分は?ベガリアには世間的にもよく知られているすっぽん、マムシ、高麗人参などが含まれています。これらは精力剤というよりは滋養強壮を目的として含まれているもので、精力増強よりは基礎代謝の向上、肝臓機能の向上、スタミナアップなどを重視しています。こうした作用はセックスをもっとエネルギッシュに楽しんだり、スタミナを持たせて、朝から夜まで体力が十分ある状態でいられるようにするのが目的です。精...

アカガウクルアやトンカットアリではないか?個人的には、一番効果を発揮してくれたのはアカガウクルアやトンカットアリだろうと考えています。シトルリンやアルギニンは生化学的に代謝に絶対に必要なものでしかなく、今までの私自身の不摂生で不足した状態になっていたはずです。そのシトルリンとアルギニン、また、オルニチンなどのアミノ酸は精力剤摂取の習慣づけ、食生活改善の結果栄養が十分摂取できるようになって栄養不足を...

アスパラギン酸が不足している尿素回路を正しく代謝させるには、食事やサプリメントから充分な量のアスパラギン酸を摂取する必要があります。シトルリンやオルニチンはミトコンドリアや細胞内基質で生合成、再利用できるのですが、アスパラギン酸という必須アミノ酸は体外から補給しないと尿素回路をきちんと回せなくなります。アスパラギン酸がなくても部分的に平衡を保っている反応経路については代謝が進むと考えられますが、そ...

カプセルでアレルギーを起こす可能性があるまず大事なポイントとして、この記事で言及しているアレルギーというのは、ベガリアに限った話ではなく、全てのサプリメントやそれに付随する商品に当てはまる事です。それらを踏まえて見て行きましょう。一般的にサプリメントのカプセルは、ゼラチンなどが使用されており、元々の成分が卵白などであるため、卵アレルギーの方はアレルギーを起こす可能性があります。また、牛乳や小麦粉ア...

予測できる1粒あたりのシトルリン含有量ベガリアで精力増強できた私の感覚だと、おそらくベガリアのカプセル1粒にはシトルリンが150mg以上は含まれていると考えられます。公表されていないので事実かどうかは確かめられませんが、これまで他の精力剤も飲んでみた感じだと、1日の摂取量800mgになるような精力剤と似た効果があるように感じました。ベガリアは1日に4粒飲む必要があるので、ベガリア1粒に換算するとシ...

精力剤ベガリアの成分量はカプセルで予測できるベガリアのカプセルの大きさから、カプセル1粒あたりに入れられる量が大体わかります。ベガリアの場合は300mgから400mgは入れられるはずなのでシトルリンが1粒あたり200mg配合したとしても残り100mgから200mgはアルギニンやトンカットアリ、アカガウクルアなどを含ませられます。原材料名を見るとその成分比率は大体わかります。法的に決められていること...

シトルリン含有量を研究した愛用しているベガリアの成分量はなぜか公開されていないため、個人的な体験談からシトルリンの含有量をより厳密に計算してみることにしました。まず、もっとも重要な情報として、ベガリアに含まれる原材料名一覧は以下の通りです。これらの成分は、含有量の多い順に並べられており、「加工品表における原材料名の表示方法」に基づくルールを以下に引用して合わせて記載しておきます。このルールの中でポ...

個人的な体験と感想によるもの私がベガリアを飲んでみて、どの程度の量まではまとめて飲んでも問題がなかったかを人柱として試した経験があるので、ここにメモ程度に残して共有しておきます。基本的に毎日4粒、5ヶ月間飲んだのですが、パートナーとの時間が増えるときには、少し背伸びをして摂取量を倍にしたことがあります。いきなり1日8粒飲んだのではなく、日頃から1日4粒飲んでいて、ある程度どんな症状が出るのか、体感...

ベガリアにアルギニンはどれくらいある?アルギニンは精力増強に欠かせないアミノ酸の一つで、ホルモンバランスの安定化に特に役立ってくれるといわれています。亜鉛だけ摂取していても意味はなく、男性ホルモンが減ってしまっている方にはアルギニンなどの補給も欠かせません。ベガリアに含まれているアルギニンは原材料名を見る限りではそれほど多くはなく、かなり少ない量しか含まれていません。アルギニンはシトルリンと同じく...

ベガリアは飲み忘れても大丈夫?ベガリアのような精力剤は、分類としてはサプリメントなので継続して摂取することで、健康面の後押しをしたり、不足する栄養素を補ったりできます。毎日摂取しても、数日摂取しないでサボってもすぐにその変化が出るようなわけではないですが、精力増強を目的にする場合には生活を根本的に変えない限りサプリメントは飲み続けないと効果は薄れてしまう可能性があります。生活面を何も変えずに、サプ...

ベガリアの主力成分「L-シトルリン」の効果とは?シトルリンは、1930年に日本でスイカの成分から発見されました。シトルリンはアミノ酸の一種ですが、発見された当時日本では医薬品として扱われていました。しかし、海外ではいち早く精力アップやペニス増大、筋力アップ、美肌、健康、老化防止などのために使われるようになりました。日本で発見されたにもかかわらず、日本では2007年になって、ようやく食品素材として使...